医療の分野で大事になる喫煙率の低下

医療の分野で大事になるのが喫煙率の低下になります。医療で問題になっている病気の1つには癌がありますがこの病気は喫煙と密接に関わっています。肺がんや喉頭がんを中心として癌の中には喫煙が原因によって発症するものが複数存在します。もし、喫煙率が低下して、タバコを吸う人が少なくなればそれだけ癌になる人が少なくなる可能性が高いです。喫煙による体への害が大きい事が言えます。また、喫煙率が低下するとタバコによる副流煙の被害も少なくなるのでその点でも医療の分野ではプラスに作用します。今はまだ喫煙している人が多く、知らない間に副流煙の被害を受けている人も多くいます。肺がんをはじめとする癌は悪化すると治りにくく、初期の段階ではあまり自覚症状が現れないので難しい病気です。まずは発症するのを避ける事が必要ですから喫煙率が低下するための運動をしていく必要があります。今では喫煙できる場所も少なくなっており徐々に喫煙率低下のための運動が活性化されています。